« バイナリ―オプションは投資なのか? | ホーム

2014年9月10日

平成26年4~6月期のGDP下方修正

 今年4~6月期のGDP(国内総生産)の改定値が発表され、前回から下方修正。

 実質GDP成長率は前期比でマイナス1.8%、年率換算でマイナス7.1%。

 下方修正された理由にはいくつかあるのですが、法人企業統計で設備投資の項目が大幅にダウンしていることや、政府支出が大きくなかったことなどが挙げられています。

 今年7~9月期のGDPの結果を見て、来年の消費税増税の判断をするというのは、誰もが知っていることですが、今回のマイナス幅が大きかった分、7~9月期はプラス成長になると思われます。前期と違い公共事業の発注も影響してきますし。

 ただ、企業の設備投資は当分低迷することが予想されており、「大きく回復するか?」というと疑問が残ります。

 物価が上昇しているために実質的な賃金はマイナスで、個人消費が大きく伸びるとも考えづらい。

 日本の景気回復は当分思わしくない状況が続くように思えますが、消費税増税はおそらく来年に予定通り!?実行されることでしょう。

 日本の財政事情を考えるとやむを得ない決断だと思いますが、無駄な支出を抑えるのも政府の大きな役割であり、増税とともに支出削減も並行してやってもらいたいものです。

このブログ記事について

このページは、akiraが2014年9月10日 10:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バイナリ―オプションは投資なのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。